冷たく冷やすこと

痛風の痛みを和らげる方法について

もし痛風が起きた場合、どのようなことをしたら良いのか?

 

鎮痛剤があれば、服用し、痛みをある程度和らげてから、病院で診てもらうという選択肢があります。しかし、痛みを和らげる薬がない場合、どうすればいいのか?

 

夜中や明け方に発作が起きた時は、まず自分で対処するしかありませんんおで、そんな時は応急処置のポイントとして冷たく冷やすことです。

 

これは痛みを感じた時には基本的なことです。冷やすときはシップや氷を利用することで、幹部の関節の部分を冷たく冷やし、痛みを緩和させます。

 

 

例えば、氷水を入れたビニール袋や保冷剤を乗せることです。痛風の発作ならば幹部で炎症が起きていますので、まずは炎症を抑えるために、熱を帯びた患部を冷やすこと、患部の熱が高ければ高いほど冷やす効果的なことを考えておくことです。そして、幹部は心臓部よりも高くして冷やすことも大切です。

 

ただし、その重みから拍車がかかるおそれがあるので、できることなら痛風が起こる前に鎮痛剤が自宅にあれば一番です。

 

何かが起こってからでは遅いために、常に事前に準備をしておくことは、決して悪い選択肢ではないと思います。

 

 

ページの上へ