コルヒチンの服用は水と一緒に

水と飲むほうがよく効くのか?

まぁコルヒチンの服用について、そこまで説明をする必要はないかとは思います。

 

服用する人の症状により用量は異なりますが、私の場合1錠を毎日のように服用しています。たまたま見た本によると、薬の効果を最大限に高めるには、まず毎日のように同じ時間帯に服用をすることが望ましいとのこと。

 

それから、薬にもよりますが、できるだけ夜に服用することが、効果率が高くなるそうです。服用してから、深い睡眠に入るために、体は動かさないために、体内が一定の動きをするために、薬の作用を最大限に高めてくれるとのこと。

 

 

それから、コルヒチンの錠剤を服用するときは水を使うことが望ましいとのこと。
これはコルヒチンだけに言えることではなく、薬を服用するときは、水と一緒に服用することで、胃や小腸までしっかり到達させるために、不具合がなことがなく作用を起こしてくれる。

 

同じ飲み物として「お茶、コーヒー」などがありますが、成分にカフェインが含まれているために、コルヒチンと一緒に服用することで、作用が強くなったり、弱くなる可能性があります。

 

お茶やコーヒーに含まれるカフェインという物質は、医薬品として存在しています。カフェインの効果としては

 

コーヒーにはカフェインという物質がたくさん含まれています。コーヒーだけでなく紅茶、緑茶などにもカフェインという物質が含まれていることが知られていますが、薬剤師はそのカフェインの摂取量を気にしているのです。

 

中枢神経刺激作用、利尿作用、胃酸分泌など、微量ならさほど気にすることはありませんが、多量に服用することで、頭痛や吐き気が起こることもあるそうです。

 

カフェインが含まれる飲み物

コーヒー、お茶(玉露、ほうじ茶、玄米茶)紅茶、コーラなど

 

 

そのために、コルヒチンを服用するときは水と一緒に飲むほうが副作用もなく、効果を最大限に発揮してくれると思います。

 

 

 

ページの上へ