やせることで痛風の予防に

痛風と肥満

どうしても切手も切れない関係である「痛風と肥満」について、太っている人に痛風が多いのは明らかな事実だとされています。そして太った痛風の患者さんが痩せると、体外尿酸値は下がるので、痛風の再発を抑えることができます。しかし、一度やせた人が、また太ることで、尿酸値が高くなるため痛風が起こりやすいそうです。

 

つまり、痛風と肥満には密接な関係性があるとされます。その関係を解き明かす理論には様々な考え方があり、現在の所ハッキリしない点も多いそうです。ただし、多くの場合、正しいダイエットを着実に行っていれば、肥満を解決し、その結果痛風にも悩まされないということになります。

 

簡単にいうとダイエットして肥満を解消すれば、痛風を予防できるということになりますが、そんなに簡単ではないはず。たとえ痩せることができても、ここから持続させなくてはいけません。そのために、まずはあせらずに、一気に痩せようとするのではなく、徐々に食事の量を減らしたり、運動を取り入れることが大事になると思います。

 

最近では、脂肪燃焼させるサプリメントなどもたくさん販売されているため、うまく利用したい所です。

 

 

ページの上へ