違和感を感じたら服用すること

一生付きまという痛風

自分が痛風に悩まされることで、同じ過ちにを犯さないように、いろいろと調べるのですが、その中で驚いたのが、日本は、世界各国と比較すると痛風の発症率は少ないそうです。しかも、明治時代では全くと言っていいほど痛風に悩まされる人はいなかったとのこと。

 

これは、日本食である「魚、野菜、豆」など、バランスのとれた食事を毎日のように食べていたことで、発症率が低かったそうです。

 

しかし、現在では当たり前のように欧米食を食べる人が多く、コンビニ弁当やファストフードなど、プリン体が多く、そして栄養不可な食事を毎日のように食べる、すると、若い年齢の段階で痛風に悩まされる人が増えているそうです。

 

痛風と言うと、たんに足の関節などが痛む症状だけを思いうかべますが、実はそれだけでなく、全身の様々な合併症を含まれるため、危険が多い病気の一つです。とくに、痛風専用の薬を服用し、一時的に痛みがなくなるために「痛風が治った」と感じ害する人が多いそうです。そのために、油断をしてしまいます。

 

現に、コルヒチンも服用したら1週間ほどで痛みは和らぎます。しかし、痛風になる先天的な体質まで治すことはできませんので、痛風の予兆を感じた時にコルヒチンなどをすぐに服用しておくことが重要になります。

 

 

ページの上へ