コルヒチンの副作用

沢山服用すると副作用が起きやすくなる

たとえ作用が合ったとしても、他の部分に対しても働くために、副作用が起こります。その中で痛風の発作を抑えるコルヒチンにも副作用があります。

 

コルヒチンは痛風発作に有効な薬で、痛風で生じる発作に対して優れた改善効果を発揮してくれるものです。

 

しかしコルヒチンには副作用があるので、よく効くからと言って大量に服用すると頭痛や吐き気などを招くことになります。

 

コルヒチンは古くから痛風発作の治療薬として発売され、発作を抑える作用が高く発揮します。

 

風が吹いても痛いと言われている痛風は、関節に激痛を伴うことが多く、体にかなりの衝撃を受けることになります。

 

痛みの中でもトップクラスと言われている痛風ですが、ただコルヒチンを服用すれば痛みを止めるわけではないために注意が必要。発作を抑える作用です。

 

そうした時に頼るになるのがコルヒチンで、激しい痛みを速やかに抑えてくれるので痛み緩和に有効です。

 

しかし、下痢や胃腸障害、脱毛、じんましんなどの副作用が報告されているので、安易に使用してはいけません。

 

医師の指示の下、少量を使用する場合それほど心配はないのですが、多量に用いたりすると頭痛や吐き気が起こりやすいので注意が必要です。
こうした症状が出るのは、胃腸の上皮細胞を損傷したり、貧血や白血球、血小板減少などの作用が生じるからです。

 

もともと貧血気味の人は注意が必要です。

 

コルヒチン自体に尿酸を減らす作用はないので長期の使用や大量に飲むのは厳禁で、そうすると吐き気や腹痛、下痢などの胃腸障害が必ず露呈することになります。

 

痛風発作の特効薬と言われているコルヒチンは、痛風で悩んでいる人にとっては救世主的な薬と言えるかもしれません。

 

しかし痛風発作を抑える魔法の薬では決してないことを知っておく必要があります。
なぜなら、痛風発作は確かに起こりにくくはなるのですが、効果の強い薬であるだけに、その分、副作用も強いからです。
細胞の分裂を抑制する作用があるので、貧血やミオパチーなどの筋肉が損傷を受ける可能性が高く、特に腎機能が悪い人は注意が必要です。
神経障害などにも注意する必要があり、神経細胞の形成が阻害される恐れがあります。
このように、様々な副作用が起こり得るので、用法、用量には十分に注意しましょう。
コルヒチンは痛風発作の特効薬として優れた効果を発揮してくれるので、痛みを避けるためにどうしても多量に摂取しがちです。

 

痛風発作を強く抑えるために多量に摂取してしまうと、頭痛や吐き気などの副作用に襲われる可能性が高くなるで、くれぐれも飲み過ぎには注意しましょう。

 

コルヒチンは痛風発作に有効な薬なので、痛み緩和のためにオススメなのですが、沢山服用すると副作用が起きやすくなります。

 

服用する時は痛風の痛み緩和だけに目を向けるのではなく、副作用の恐怖をあらかじめ認識しておきましょう。