相互作用には注意

痛風予防の薬に欠かせない

痛みが消えても痛風は静かに進行しています。油断は禁物ということになります。そのためにコルヒチンを服用することが重要です。

 

コルヒチンと言えば、痛風予防の特効薬として有名で、早期に使うことで発作の症状を著しく改善することに期待が持てます。

 

しかし、どんどん使えばいいというものではなく、薬との相互作用もあるので服用前には必ず医師に相談することが大事です。

 

痛風の発作が起きる際はその前兆を感じることがよくあるのですが、そうした時に効果を発揮してくれるのがコルヒチン。
治療によって尿酸値が下がって利しますが発作前に飲むだけで発作を回避できるとても便利な薬で、痛風の前兆時に服用しておけば未熟に防ぐことができます。

 

ただしコルヒチンは副作用が多少あり、腹痛や下痢が起きたり、嘔吐などもすることがあります。

 

人体への影響はそれなりに強く、多量に服用して死亡した例もあるくらいなので、決して油断はなりません。

 

副作用が懸念されるので、コルヒチンを使用する時は他の薬との併用には注意が必要で、相互作用を起こす危険性があることから服用前には医師への相談が必須です。

 

コルヒチンはあくまで痛風発作が起こりそうなときに飲むことで効果を発揮する薬で、発作が起こってから時間が経っていると、思うような効果は期待できなくなります。
つまり毎日のように服用することが大切です。

 

また、痛風の特効薬とも言われているコルヒチンですが、この薬で根本的な原因を解決することまではできません。あくまでも、数値を下げるということです。

 

 

痛風を根本的に解決するには、尿酸値を下げる必要があるのですが、コルヒチンにはそうした機能はありません。

 

そのため、他の治療や薬物投与などをしておかないと、尿酸値は改善されず、結果的に合併症を引き起こしてしまうリスクがあります。
こうしたことから、痛風に対してコルヒチンに頼りすぎるのはよくなく、尿酸降下薬などの使用で尿酸値をしっかり下げていく姿勢が大事です。

 

また、突発的な痛風発作に対処するのにコルヒチンは有効なのですが、他の薬との飲み合わせもあって、併用に際して注意すべき薬剤があります。

 

基本的に、肝代謝酵素を強く阻害する薬や糖蛋白を阻害するような薬は併用禁忌とされているので注意か必要です。
要するに、肝臓や腎臓に障害のある人がコルヒチンを使用する場合、服用前に医師に相談することが重要です。

 

コルヒチンは痛風以外にも、ベーチェット病などにも使用される薬であることから、使用する場合は薬との相互作用に十分注意するようにしましょう。

 

コルヒチンは、痛風予防の薬に欠かせないもので、早目に使うことで痛風発作の症状を大きく改善することが可能です。

 

 

ページの上へ