コルヒチンとアレルギー症状

アレルギー症状や肝臓や腎臓が悪い人

これ異常あの激痛を感じたくない・・・そのためにどうしたら良いのかと考えた時に、コルヒチンの作用になります。

 

コルヒチンは、白血球の働きを弱めることで発作を緩和できるので通風発作を予防するのに効果的と言われています。

 

ただ注意しないといけないのは、持病やアレルギーのある人は医師に相談する必要があることです。

 

コルヒチンは、痛風発作に対して痛み緩和効果が高いことから、特効薬的な価値があります。

 

あくまでも痛風を完治させるわけではないのですが、普段から服用することで緩和させるために必要不可欠です。

 

痛風発作に使用するとよく、痛風で生じる辛い発作を改善させる作用があるので、利用する意義は高いです。
尿酸が関節内に露呈することで痛風が生じるわけですが、白血球が関節内で尿酸を攻撃すると関節に耐えられないほどの激痛を伴うことになります。

 

体内の白血球の働きを弱める力のあるコルヒチンは痛風の発作に有効で、発作の痛みを和らげる効果が期待できます。逆にコルヒチンの薬を服用していないと、とんでもないような痛みが何度も起こってしまいます。

 

ただし、注意すべきなのは、アルカロイドに属する薬であることから毒性を有し、再生不良性貧血や顆粒球減少、白血球や血小板減少などの副作用が出ることがあります。

 

このような症状が危惧されるので、肝臓や腎臓に障害のある人は注意が必要です。
また腎機能が悪い人は、コルヒチンの服用で筋肉が萎縮する疾患になりやすく、筋肉が損傷を受けて発症しやすくなります。
神経細胞の形成が阻害されることで神経障害も起こりやすいので、持病やアレルギー症状を有する人はコルヒチンの服用には注意しましょう。

 

コルヒチンは、痛風発作の痛みに対して優れた効果がある薬なのですが、一方で身体の色々な部位に対して損傷を与える可能性を秘めています。

 

そうしたことから、使用に際しては持病やアレルギーのある人は医師に伝えておくことが大事です。

 

また、肝臓や腎臓機能が悪い人については、コルヒチンの血中濃度が高くなりすぎる危険があるので、服用中の薬は必ず医師に伝えましょう。コルヒチンは個人輸入で購入できますが、まずは医師に相談を持ちかけることが重要です。

 

肝臓や腎臓の悪い人は、どうしても薬の排泄が遅れがちの傾向にあるので、薬の飲み合わせについては特に注意しないといけません。
身体に不具合がある人がコルヒチンを使用する場合、服用量の減量を考慮しながら使用するなど、細心の注意が必要です。

 

肝臓や腎臓の機能が低くなっている人は、コルヒチンが上手く排泄できず、体内に残ることで副作用が強く出る傾向があります。
そのため、慎重に使用する必要があり、他の薬との併用は避ける配慮が求められます。

 

コルヒチンはとても便利な薬で、痛風発作を解消する特効薬として発作の予防に効果的なのでオススメできます。
しかしながらアレルギー症状や肝臓や腎臓が悪い人、持病がある人が服用すると副作用が強く出ることがあるので、必ず医師に相談しましょう。

 

たしかに個人輸入や通販は価格が安いのですが、副作用が起こった場合は個人の責任になるために、医師に相談をすること、そして自分自身にも知識をある程度は持つことが大事です。

 

 

ページの上へ