尿酸値が7.0mg/dl

痛風とは一体?

尿酸値が高くなる前に健康管理をしておけば、痛風になることはありませんが、そこまで意識することがないために、激痛に苦しめられてしまいます。

 

痛風とは、ある日突然足の親指などの関節が腫れて、猛烈な痛みに襲われる病気です。ただし、ある日突然といってもだれにでもなんの原因もなく起こるわけではありません。

 

痛風の前触れとしては必ず高尿酸血症が有り、高尿酸血症を放置した結果として起こるのが痛風なので、アリ激痛発作とも呼ばれています。

 

たとえば、高尿酸血症が起こってから早い人で2〜3年で痛風が起こり、ここから発作のように何度も起こってしまう恐れがあります。

 

高尿酸値というのは、つまり、尿酸値が7.0mg/dlを超えると、高尿酸血症と診断され痛風が起こりやすくなります。

 

どうしてこのようなことが起こるのかというと、尿酸が結晶化し、関節な尿路などに溜まってくるからであり、自覚症状のないこの時期は無症状高尿酸血症旗と呼ばれています。つまり、尿酸値は高くなっているのですが、痛風の痛みは起こらないために、本人は気づかないために、プリン体などの食事をそのままとっていることがあります。

 

すると、急に痛みが起こり、我慢ができないようなことになります。

 

そこで初めて痛風を知るのですが、ここで病院に通院をし薬のコルヒチンなどが処方されます。ただし、コルヒチンが処方されたからといって、痛みがなくなるわけではありませんし、初期の段階ではより痛みが起こるとも言われています。

 

コルヒチンなどの薬の役割としては、尿酸値を正常に戻すための効果でありますので、毎日のように服用しておくことが大切です。

 

しかし、それでも高尿酸血症の治療をせずに、一度痛みを感じているのに、そのままにしている人がいます。

 

症状が慢性化すると、またいつ起こるかわからないのに、そのままにしておくのは本当に恐ろしいことです。症状が治まらないうちに次の発作を起こすようにならないよう、尿酸血症が関節の周囲などにたまらないように、痛風詰節があらわれることもありますので、痛風が発作したら、病院に行くことが重要になります。

 

 

ページの上へ